DVD・BD制作の流れと発注ポイント
幼稚園や学校の行事、企業や商品PRなど、様々なDVDやBDパッケージ制作を受注する。そんな活動を多数のケーブルテレビ局が行っています。当社は、全国のケーブルテレビ局の皆さんと一緒にパッケージ制作に役立つ各種サービスを実施してきました。DVDやBDのパッケージ制作を検討される際には、是非とも当社にお任せください。
DVD・BD制作は、以下のような流れで進みます。 DVD・BD制作の流れ
●デザイン制作と印刷
デザイン制作は、先ずジャケットを作成し、そのデザインをベースにレーベルやメニュー画面を作成します。一方、「マスター制作」に必要になるのはメニュー画面ですから、「マスター制作」より先に「デザイン制作」をスタートさせることが作業全体をスムースに進めるためのカギとなります。

そこで、当社では「デザイン制作」に関して、次のサービスをご用意いたしました。
top
オーダーメイド
当社が提携するプロのデザイナーを使い、オリジナル性の高いデザインに仕上げるコース
bottom
●マスター制作
お客様のお手持ちのビデオ映像やデータからマスターディスクを作る「マスター制作」では、DVDとBDともに二種類のコースを用意しました。
top
①お手軽DVD/BD
メニュー画面はなく、機能をリモコンの先送りだけに絞り、価格を抑えたコース
②プロフェッショナルDVD
DVDで行える各種の機能を充分に生かせるプロ向けコース
※ビデオ映像やデータからのエンコードやオーサリングをご自分で行い、マスターDVDをご支給いただく場合は、『マスター制作』以降の作業について検討ください。
bottom
●複   製
複製方法は小ロット向きのコピーと大量ロット向きのプレスがあり、プレスは海外(台湾・韓国等)と国内に分かれます。
top
①コピー
プレスと比べ製品の安定性は劣るけど、手軽で小ロットに向いている
②海外プレス
国内に比べて安いけど時間がかかる
③国内プレス
海外に比べ値段は高いけど早くできる
※BDは①コピーのみ対応します。
bottom
●アセンブリ
複製したDVDやBD、印刷したジャケットなどをケースにセット・包装し、パッケージ商品として完成させる工程です。
ケースには、以下の4種類があります。
top
①映画などの販売用DVDに良くつかわれる大判の「トールケース」
※トールケースは豪華で見栄えも良く、全面(表面・背面・裏面)に巻かれるジャケットに掲載できる情報量も多いため、お薦めです。
②音楽CDなどに良くつかわれる「ジュエルケース」(厚さは約10mm)
※ジュエルケースを使用する場合、ジャケットとは別に裏側に挿入させるバックインレイも作るかの検討が必要になります。バックインレイはケースの裏側に折り込む必要があるため、印刷だけでなく、ミシン加工(2か所)も発生し、意外とコスト高になります。
③ジュエルケースより薄い(約5mm)「スリムケース」
※小ロットのため、ジャケット印刷をすると割高になってしまうような場合は、レーベルのデザインを少し派手にしてスリムケースに設置。ジャケット無しで外からレーベルが直接見えるようにするのも手だと思います。
④「BD専用ケース」
※トールケースより一回り小さい青いケースは、DVDとの差別化に役立ちます。
bottom
各種のお問い合わせ、見積依頼、発注に使えるフォームを用意していますので、お気軽にご利用ください。
・お見積依頼やご発注時は、仕様や尺・数量などを明記ください
トップへ戻る