アーカイブ用ファイル変換
過去に撮影した映像や制作した番組が、ビデオテープのままで倉庫に眠っていませんか?
このまま放置していると、再生用機材の生産中止や、時間の経過に伴うテープの劣化で使い物にならなくなってしまう危険性が高まってきます。
この機会に過去の素材を整理しなおし、大切な映像資産を有効活用する為の「アーカイブ」をご検討ください。
●アーカイブ(データ化)の作業手順
アーカイブ用ファイル変換フローチャート
●作業可能なフォーマット
top
マスターフォーマット
Umatic、Umatic SP、MⅡ、S-VHS、VHS、Hi8、ミニDV、βカム、デジタルβカム、βカムSX、DVCAM、DVCPRO、HDCAM、DVC-PRO HD、HDV
 ↓
データ変換
MXF、AVI、MOV
 ↓
変換先フォーマット
XDCAM、LTO6、LTO5、BD、HDD、ODC(オプティカルディスク)
※LTO7については現在のところ対応していません。
※ODCについては2018.夏から対応の予定です。
bottom
—————————-   Uマチック・MⅡの作業に関するおことわり   ——————————–
※メーカーのメンテナンスが完了しているVTR(SONY:Umatic  Panasonic:MⅡ)を使用する場合、マスターテープの状態及びVTRのコンディションによりダビングが出来ない可能性があります。さらに、VTRに修復困難な故障が発生した場合、全てのダビングが出来ない場合があることをあらかじめご了承ください。

※テープの状態によっては作業中にテープが切れてしまったり、VTRに巻き込まれて復元できなかったりしますが、その場合はそこで作業が終了になることをご了承下さい。
——————————————————————————————————————————-
————————————-  変換先HDDに関する注意点 ————————————————-
※HDDの耐久性により、長期にわたる保存には向きません。
———————————————————————————————————————————
●作業可能なデータ形式
動画ファイル コーデック
MXF HD MPEG HD422 50Mbps
MPEG HD HQモード 35Mbps
MPEG HD SPモード 25Mbps
MPEG HD LPモード 18Mbps
SD DVCAM 25Mbps
AVI ・8bit 非圧縮
・DV
MOV ・ProRes422HQ
・DV
※各ファイルの容量やサイズの指定がある場合、変換ソフトによる設定で対応できない場合があります。
●アーカイブの作業料金内訳
アーカイブの料金は、以下の項目を合算して算出します。
top
データ変換料金+オプション料金+変換先記録メディア料金+納品送料+消費税
bottom
各項目の詳細は、以下に記載します。
データ変換料金
※税別
マスター側分数 Aタイプ料金 Bタイプ料金
~30分 3,000円 4,500円
~60分 4,000円 6,000円
~90分 5,000円 7,500円
~120分 6,000円 9,000円
~150分 7,000円 10,500円
~180分 8,000円 12,000円
~210分 9,000円 13,500円
Aタイプとは 
・タイトルや尺がタイムコード表などでわかる場合
・タイムコード表がなくてもマスター1巻を1ファイルとし、映像の頭部分を見れば、タイトルがわかる場合
Bタイプとは 
・タイムコード表がなく、且つ、1巻に複数の番組が収録されているため、その切れ目を探しながら作業する必要がある場合
オプション料金
メタデータ作成料金
1ファイル 200円(税別)
※120分テープに15分番組が8回分収録されている場合のメタデータ作成費は@200×8=1600円です。
但し、マスターテープに複数の番組が収録されていてもファイルを分けず、マスターテープ全体で1つのファイルを作成する場合は、メタデータ作成費も@200×1=200円となります。
※ファイル名は、「タイトル(数文字)+任意の番号」を基本に、極端に複雑にならない範囲で、ご要望を伺わせていただきます。
クリーニング費
マスターテープがベタついている、カビが生えている。そんな場合にはクリーニングを行います。
※磁気テープは10年程度経過すると空気中の水分とテープに使用されているバインダー(接着剤)の化学変化により、磁性面のベタつきやカビが発生する場合があります。このベタつきやカビの発生が原因で「テープ表面の不純物によりテープに傷がつく」「磁性体剥離によるデータ損失」などのトラブルを引き起こすことがあり、それを防ぐため、当社ではテープ表面に触れることがなく、テープへの物理的なダメージを回避できるクリーニングを行います。
1巻につき 5,000円(税別)
※ベタつきやカビが発生している場合は数回クリーニング作業をして除去します。
※テープの保存状況によってはクリーニングをしても除去しきれない場合があります。
 その場合はコピー作業ができませんのであらかじめご了承下さい。
マスターテープの廃棄処理作業費
アーカイブ作業完了後、古いマスターテープが不要ならば廃棄業者に焼却を依頼することも可能です。(廃棄証明書発行可)
1kg 100円(税別)
※お客様、最終処理業者、運搬業者で契約を交わしていただきます。
※各テープの重量は下の表をご参考下さい。
単位:g(ケース含む)
30分(32分)S 30分L 60分(64分) 90分(94分) 124分 184分
Uマチック 745 855
MⅡ 404 426 458
βカムSP 276 730 790
DVCAM 63 128 132 135 142

例1) Uマチック60分が1,000巻の場合
855g×1,000巻=855,000g(855kg)
100円×855kg=85,500円(消費税別途加算)

例2) βカムSP スモール30分が300巻、60分が300巻、90分が300巻の場合
30分300巻   276g×300巻= 82,800g(82.8kg)
60分300巻   730g×300巻=219,000g(219.0kg)
90分300巻   790g×300巻=237,000g(237.0kg)
————————————————–
合 計  538,800g(538.8kg)
100円×539kg=53,900円(消費税別途加算)
変換先記録メディア料金
お問い合わせいただくか、ホームページをご参照下さい。
※トラブル時に対応しきれないため、記録メディア(XDCAM、LTO、BD、etc)の持ち込みは、なるべく避けて下さい。
※HDDをお持ち込みされる場合は、事前に仕様をお問い合わせください。
※お持ち込みされる場合は、必ず新品をご支給下さい。(中古不可)
納品送料
都度、お見積り(分量・地域により異なります)
※消費税は別途加算となります。
●マスターテープを準備いただく際のお願い
作業をスムーズに進めるために以下の点ご協力いただければ助かります。
①タイムコード表をご用意ください
 マスターテープには、収録映像の内容や記録時間がわかるタイムコード表(Qシート)をお付けください。
②テープ番号を付けてください
 マスターテープにテープ番号を振り、ケース及びテープ本体にテープ番号をつけて下さい。
③マスターテープ一覧表をご用意下さい。
 一覧表に必要な情報は「テープ番号」「タイトル(サブタイトル)」「収録時間(テープ尺)」「作業順番」です。
④マスターテープを入れた梱包箱に番号をつけて下さい。
 どの箱に何番のテープが入っているか分かるようにしてください。
●発注方法
ホームページ、Eメール、FAX、お電話で受け付けています。
・ホームページの場合
「お問い合わせ・お見積り 依頼フォーム」に必要事項を入力の上、送信下さい。
内容確認次第、こちらからご連絡いたします。
・Eメール、FAX、電話の場合
以下の点をご連絡下さい。詳細が決まっていない場合は、わかる範囲で構いません。
  1. マスターフォーマット
  2. 受け(変換先)フォーマット
  3. マスターの分数および数量
  4. 素材の支給日
  5. 納品先の会社(団体)名、担当者名、住所、電話番号
  6. 希望納期
注意事項
※マスターの取り扱いには十分に注意しておりますが、万が一、弊社での作業中にマスターが破損した場合にはその責を負いかねますので、その点ご了承ください。
※成人向けの映像・画像・文書、著作権・肖像権等の法律に抵触する映像・画像・文書の作成・複製は一切お断りいたします。
※ご注文されたご本人様以外が著作権者の場合、著作物複製許諾証明書の提出をしていただきますので、あらかじめご了承下さい。
トップへ戻る